あなたの心は見抜かれてます。心が身体にあらわれるとは

こんにちは。

青木正儀です。

 

以前、姿勢改善コースを受けていただいた方の身体をみたときに、

『いろいろ頑張りすぎていませんか?』

と言ったら

『なんでわかるんですか!?』

と驚かれたことがあります。

 

わたしが学んできた、整体の先生も身体の使い方を教わっている方も、よく占い師と間違われるぐらい、

身体を見ただけでその人のことが分かると言っていました。

 

それぐらい見る人がみれば

その人の心が身体に表れているので

いろいろなことが分かるわけです。

 

 

そこで僕は考えました。

ということはですよ・・・

 

もし、心の面でなにか悩みがあったとして

なかなか解決や改善しない場合、

 

まず身体を変えてみたら心も変わっていくかもしれませんよね。

 

こうでありたいという理想の自分を身体で演じてみるとでもいうのでしょうか。

 

たとえば、友人の結婚式のスピーチをすることを想像してみてください。

 

多くの人は経験がないでしょうから、想像するだけでも緊張してしまうかもしれませんね。

 

おそらく、自分のスピーチまで食事もろくに喉を通らず、

お酒を飲んでもまったく酔っ払うこともないでしょう。

 

それぐらい緊張して、いざマイクの前に立ったとき

 

あなたの身体はどうなっているでしょうか?

 

身体は硬直し、肩は上がり、首に力が入って、下を向き

脚はガチガチ、手は震え・・・

こんな状態で発した一言目は

おそらく自分でもびっくりするくらい

声が出てないかもしれませんね。

 

 

逆に、身体の硬直を意識的にゆるめ、

肩を下げて、首の力を抜いて、まっすぐ前を向き、

背骨をしっかり立てて、骨組みで立ってみたらどうでしょう?

 

余計な緊張がなくなって、少し落ち着いて話すことが

できそうな気がしませんか?

 

しかし、緊張を抜いて、肩を下げてといっても

まず緊張していて、肩が上がっているということを

自分で認識しておかなければいけませんよね。

 

多くの人は自分が緊張していることなんて

分かってません。

 

そういった、緊張している箇所をひとつずつ認識して緩めていくと

自然にラクな姿勢ができるようになって、きっと心まで晴れてくるはずです。

 

実際、姿勢改善コースを受けてくれた方は

肩肘張って頑張っているような感じが

立った時の姿勢に現れていました。

 

それを少しずつ改善していくことで

全体的に柔らかい印象になり、

とても自然な姿勢になりました。

 

そして、いろんなことにチャレンジしたりして

とても行動的になれたようです。

 

 

 

※その時の感想をブログに書いてくれてます。

http://karenbookingstyle.com/shisei-lesson-after2/

 

 

 

自分の身体を認識していくと

だんだん身体と心がつながっていることが

理解できるようになってくると思います。

 

少し自分の身体に目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

 

自分ではどうしても身体の癖とか緊張なんてわからない!

というあなた。

体験コースをご用意していますので

興味があればご連絡ください。

 

☆★青木正儀のセッションは

パーソナルトレーニングスタジオamoで受けることができます☆★

パーソナルトレーニングスタジオamoでは

体験コース受付中です!!

 

☆体験コース☆

【料金】5000

【時間】60分

【場所】西新宿パーソナルトレーニングスタジオamo

【内容】カウンセリング後、実際にトレーニングのやり方を体験します。

 

体験トレーニングの詳細はこちら→詳細

ご予約お問い合わせはこちら→予約・問い合わせ

 

ダイエット、ボディメイク、身体の使い方指導、パフォーマンスアップ、姿勢改善、整体、食事栄養アドバイスなどを行っています。

 

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

299人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

299人の購読者に加わりましょう

カテゴリー