活性酸素の影響を受け脂肪が落ちにくくなる理由

活性酸素はどこで作られるかご存知でしょうか?実は、細胞内にあるミトコンドリアが作っています。

ミトコンドリアは糖などをエネルギーに変換してくれるのですが、同時に活性酸素も作り出します。

工場で物を作ると商品もできあがりますが、一方で廃棄物なども出ますよね。ミトコンドリアも体内で同じことを繰り返しています。

なぜ活性酸素が脂肪を落ちにくくするのか?

それは、活性酸素は体内のあらゆるところに攻撃をしかけます。細胞内を傷つけることもあります。

細胞内では栄養素をエネルギーに変換する代謝を行ってる工場がありますが、その工場に攻撃することもあるのです。

攻撃されると代謝の機能がストップするのでなかなか脂肪が落ちないということも考えられるのです。

 

活性酸素の原因

過度な運動
食品添加物
肉や魚の焦げ
タバコ
アルコール
薬物
臓器移植
電磁波
激しい怒り、悲しみ、驚き
食べ物による発ガン性物質
過食
工場。車の排気ガス
大気汚染
汚染水道水
放射能
ストレス(職場、家庭内のトラブル)
激しい怒り、悲しみ、驚き

口に入れるものがどれだけ影響するかがわかりますね。

対策①

外部からの活性酸素には、ビタミンACEが有効です。
あくまでも3つそろって体内にあることで細胞膜を突破しようとしている活性酸素を攻撃してくれます。

対策②

ポリフェノールは強い抗酸化効果があり活性酸素から守ってくれます。

対策③

腸内環境を整え免疫機能を高めること。
また、腸は造血の働きもあります。腸内環境が悪化していると、体内に流れる血液が汚れている可能性があります。

対策④

睡眠をとる。睡眠中に身体は回復します。適度に睡眠をとり免疫力をあげておくことが重要です。

まとめ

脂肪が落ちるためには、カロリーの摂取と消費だけでは片付けることのできない、人間の体の神秘的な機能が関係しています。

その分、正常な働きをしてくれさえすれば、脂肪のコントロールは簡単になります。

だからこそ僕は、自分自身で体に目を向け、耳を傾ける習慣をつけるようにしています。

いつまでも、若々しくスッとした体でいる。そして、健康的で生き生きした人生にしたい。

心からそう思っています!

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

299人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

299人の購読者に加わりましょう

カテゴリー