前十字靭帯再腱手術、左肩関節脱臼整復手術をするほどケガだらけだった僕がケガをしなくなった理由

先日実家に帰った時に、
甥っ子たちと久しいぶりに会いました。
一人は、3歳、もう一人は6ヶ月の甥っ子たちです。

僕からしてみると彼らは師匠です。

彼らから学ぶことは本当に多いんですね。

たとえば、

  • 身体の柔らかさ
  • 表現の素直さ
  • ストレスのない身体
  • 末端を使わない身体の使い方
  • まっすぐな意識

僕たちはこれらを忘れてしまっているんですね。

3年間僕は、この忘れてしまったことを
取り戻そうとしてきました。

というのも、それまでの僕の身体は、
ケガばかりだったんですね。

思えば、小学5年生の時に初めてギックリ腰に
なって以来、かなりのケガをしてきました。

左肩の脱臼を15回、右肩亜脱臼、膝の靭帯、
半月板損傷5回、膝の前十字靭帯断裂、腰痛、
首痛、野球肘、野球肩、手首の腱鞘炎、
足首捻挫、骨折、肉離れなどなど

まさにケガばかりの人生、、、

手術も
前十字靭帯再腱手術、左肩関節脱臼整復手術
と2回やりました。

ケガをすると痛いのもあるのですが、
とても落ち込むんですよね。

涙することもたくさんありました。

しかし、身体原理を学ぶ講座和身塾
身体の使い方を稽古してきたことで、
自然体で効率よく身体を使えるようになり、
ケガをまったくしなくなったのです。

それどころか40歳になった今でも
遠投90m投げれる身体を手に入れることが
できました。

もっと動けるおじさんを
目指しています。

 

ケガをしなくなった理由

よく和身塾の山崎さんに言われたことは、

 

  • 風が吹いたら揺れる柳のような身体
  • または抵抗しない身体

 

になるということ。

 

無理に抵抗するからケガをするということを学びました。
風が吹いたら揺れる柳のような身体とは
動かされる身体とも言えます。

動かされる身体になってみると
とても軽いし、楽なんですよね。

言葉で伝えるのはなかなか難しいのですが、
ケガを良くする人や身体に痛みがある人、
いつも身体が重い人は

動かされない
いつも抵抗した身体に
なっているのです。

僕がケガばかりしていた時は、
抵抗しまくっていました。

人間関係も対立することが多かったですね。
いつも誰かと衝突していました。

だからケガばかりしていたんですね。
不思議ですが、ケガをすることと人間関係は
つながっています。

まとめ

ケガをするのは抵抗しているから

対立しない身体、動かされる身体を体得するとケガをしない身体、痛みのない身体が作られる

日常から対立しない、抵抗しないことを意識することが大事なんですね。

 

============================
年齢を重ねてもより動けるための
身体原理を学ぶ和身塾の
公式Facebookページはこちら
============================

美容・ダイエットランキング『1位』 Kindle本ランキング総合『4位』 特典動画もゲットできますよ! 初出版の電子書籍はこちら ↓↓↓↓7日間でマイナス2キロ!読むだけで痩せるダイエット →http://amzn.to/2s4dz4X

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら

食と栄養に身体原理を用いた、青木流ダイエットメソッドについてのメルマガを発行しています。 メルマガ登録はこちら!

メールマガジン登録


https://myasp61.com/p/r/CW1ux2br

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

美容・ダイエットランキング『1位』 Kindle本ランキング総合『4位』 特典動画もゲットできますよ! 初出版の電子書籍はこちら ↓↓↓↓7日間でマイナス2キロ!読むだけで痩せるダイエット →http://amzn.to/2s4dz4X

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら

食と栄養に身体原理を用いた、青木流ダイエットメソッドについてのメルマガを発行しています。 メルマガ登録はこちら!

https://myasp61.com/p/r/CW1ux2br