エネルギーを上げる食事

突然ですが、
グラスフェッドビーフって
知ってますか?

放牧されている牛で、
牧草を食べている牛のことです。

僕達が普段食べている
牛肉のエサは、脂肪蓄えやすく
するために穀物を使っています。

それに対してグラスフェッドビーフは、
タンパク質豊富で脂質も少な目です。

赤身で柔らかいのが特徴的。

スーパーなどでは
手に入りにくいと思いますが、
ネットで購入は可能です。

毎日のように食べるのは
経済的に難しいので、

たまに食べると、
やっぱり柔らかくて
おいしいなぁ〜って思います。

ストレスなく育った牛だからか、
エネルギーが高まる気がするんですよね。

食事はエネルギーだと考えています。

具体的にはカロリーというのも、
糖質なら1g摂取すると4kcalの
エネルギーを作ることができます。

タンパク質も4kcal、脂質は9kcalです。

そもそもカロリーは、
水1gを1気圧のもとで
1℃上昇させるのに必要な
熱量と定義されています。

しかし、

それだと栄養素さえ摂取すれば、
エネルギーを作り出せる
ということになりますが、

そういうことだけではない
と思うのです。

たとえば、

冷凍食品を食べるにしても、
お母さんが盛り付けを工夫したり、
愛情を込めていれば、
エネルギーは高まると思うんですね。

さっきの、グラスフェッドビーフも
牛が本来食べる牧草を食べ、

広い場所で自由に動き回っていれば、
ストレスなく生きている。

その牛をありがたく
いただくってなるとエネルギーが
高まりそうですよね。

こうやって、
自分のエネルギーが上がる食事が
できているかが重要です。

1日3食を365日食べて1095食。

そのうち身体を気遣った食事、
エネルギーが高まる食事は
どれだけできているでしょうか?

空腹を抑えるだけのために
食事していませんか?

意識してみてくださいね。

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

301人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

301人の購読者に加わりましょう

カテゴリー