ダルビッシュ選手の右肘への思いに身体への気遣いを感じました

今日のニュースでダルビッシュ選手が右肘を手術する
ことになったとブログに書いていました。

ブログはこちら

ダルビッシュ選手といえば、食事やトレーニングなどを
徹底しているイメージがありますが、
ブログには身体をとても大事にしているのが
分かる一言が書いてありました。

『こんなとこまで連れて来てくれたのですからもう本当に感謝しかありません』

ダルビッシュ選手は右肘の靭帯に対して
こんなふうに言ってます。
普段から右肘の靭帯に話しかけてたり
してたんじゃないですかね。

そのぐらいの感覚だからこの言葉が
出てきたのだと思い感動しました。

身体をいたわる

それにくらべて、僕たちは自分の身体に
そこまで意識がいっていません。

それに現代社会では、なかなか自分の体を
いたわるという時間がとれませんよね。

ではどうしたら良いでしょうか?

最適なポジションで
生活するということです。

そうすることで、痛みや不調につながる
筋肉の緊張を防ぐことができるのです。

最適なポジションとは

簡単に言うと筋肉が緊張せず
骨組みで重心がとれたポジションです。

普段あらゆるところに緊張が入っている
ことが多いのです。

まず最初にやることとしては、
自分の身体を触ること。

感覚を感じるにはまずは皮膚感覚ですね。
触っておくことで感覚を良くしていきます。

まだ抽象的な話になっていますが
ここでは、自分の身体を感じることが
大事だということを覚えておいて
ほしいと思います。

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

302人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

302人の購読者に加わりましょう

カテゴリー