一瞬で変化させる美脚整体にとって必要な 『センサーの手』を作る3つの要素③

今回は、”センサーの手”を作る
3つの要素の

今日は、③背骨について
お話ししていきますね。

突然、背骨と言われても
ピンときませんよね。

しかし、背骨を意識することで、
多大な効果を生み出します。

これまで、美脚整体を
教えた人には、

整体師
セラピスト
トレーナー

などの身体のプロの方や、

会社員
OL

といった、
身体に触れる仕事をしていない方にも
お伝えしてきました。

背骨を意識できるようになると、
センサーの手で触ることができるのです。

背骨という視点

この視点がなかったら
やばかった~。

どれだけ、遠心性の意識をしても、、
どれだけ、触れている箇所を感じていても、、

背骨の感覚がなければ、
意味のないものになってしまうからです。

それくらい超絶大事!

なのが、『背骨』なんですね。

━━━━━━━━━━━
背骨の何が大事なのか?
━━━━━━━━━━━

背骨は24個あって、
手足に向かって神経が通っていますよね。

なので、大事なのは、

==========
背骨の感覚
背骨の可動域
背骨のコントロール
==========

になります。

背骨の感覚って言われても
ピンとこないと思います。

たとえば、

体幹とか身体の中心って
言われたときに多くの人は、

背中をイメージします。

そうではなくて、
背骨をイメージすることが
できるとセンサーの手が作られます。

そのために背骨の感覚が必要です。

そういう意味でも、
背骨の可動域を増やすことで
感覚もよくなるし、

可動域を増やせれば、
コントロールもできる

という流れになります。

━━━━━━━━━━━
背骨の感覚が研ぎ澄まされると、
どうなるか?
━━━━━━━━━━━

もともと、僕たちは、
手足を使いすぎています。

赤ちゃんの時は、
手足の筋力がないから
背骨の感覚でしか動けません。

たとえば、寝返り。

寝返りも背骨だけでやってます。

僕のイメージでは、
誰でもこの感覚は持っていて

大人になるにつれて
忘れてしまう。

だから、

「この感覚を取り戻そうよ!」

と言いたいんですね。

それともう一つあって、

それが、『最適ポジション』です。

ちょっと難しい話になりますが、

魔法の触り方をするには、
相手との距離間が大事。

その、距離を感じるのが背骨なんです。

感覚がよくなると
魔法の触り方ができる
というわけですね。

ここ数日のメールでは、

①遠心性
②感じる
③背骨

これが、”センサーの手”を作る
3つの要素としてありますよ~

とお伝えしてきました。

なんとなくおわかりいただたでしょうか?

文章ではお伝えするのに限界があるので、
またの機会に動画も準備しておきますね。

ではでは。

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

299人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

299人の購読者に加わりましょう

カテゴリー