身体の使い方で大事なことは味わうこと!?

最近、足の裏を触りましたか?

二足歩行である以上足の裏はつねに地面に着いている場所です。

赤ちゃんの時は手と足の感覚はほとんど同じだと言われています。

よく赤ちゃんが足の指をギューと動かしていますが、手の指のように使っているように見えませんか?

今日は身体の使い方を上手にしていくうえで、大事な要素である足の感覚についてのお話です。

ashi-gazo

足は地面に着いている

そもそも、足は地面に着いています。

でも、わたしたちは地面に着いている足の感覚など忘れていますよね。

正確には、脳に集まる情報量があまりにも多いので、普段当たり前のように使っている感覚は感じないようになっているのです。

しかし、あまりに感覚をほっといてしまうと足の裏の感覚が鈍ってしまうんですね。

まずは足が地面どんなふうに着いているかを感じ取ってみてください。

歩いているときの足はどんな感覚ですか?

次に、歩いているときの感覚です。いろんなタイプの人がいると思います。

自分の足に意識を向けてみると

強く地面を蹴っていたり、踏みしめていたり、指に力が入りすぎていたりしていることに気づくかもしれません。

そんなに筋肉に緊張を入れなくても、歩けるんだよということに気づけるとしめたものです。

味わうように歩く

食事のとき味わって食べるなどといいますよね。

例えば、ワインをがぶ飲みしたり、ご飯をかきこむように食べるのではなく、味わいながら『いただく』ということが大事です。

そうすることで、味をじっくり楽しめることはもちろん、生産者に対しての感謝の気持ちも自然と出てくるので、質の高い食事が摂れることになります。

同じように、歩くときも地面と足が触れる部分をじっくりと味わってみてください。

地に足がつく

『地に足がつく』

と言いますが、じっくり味わうことで文字どうり足が地についてくるのではないでしょうか?

ちなみに、地に足がつくとは

気持ちや考え方がしっかりと安定しており、堅実で落ち着いている状態を意味する慣用句

となっています。

逆に、その否定形の表現として

『地に足がついていない』

があり、気持ちが落ち着かない様子や、考え方が浮ついている様子を表す

となっています。

結果どうなるの?

毎日味わいながら歩くことで、足の感覚が変わってくるはずです。

無駄に力んでいたことに気づき、力みをぬくと身体が軽くなってきますよ。

身体が重い、肩がこる、腰が痛い、スポーツでスムーズに動くことができない、こんな悩みがある場合は足の裏を味わってみてはいかがでしょうか。

【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍
Podcast(全国ランキング上位) ・身体のプロが教える劇的に体が変わる方法

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力し購読すれば、更新をメールで受信できます。

290人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)