「できない私はダメ」と思っていい理由

よくある話。

何かに取り組もうとするときに、
邪魔が入ることありませんか?

たとえばダイエット。

よし、ここまで順調だ!
と思ってたら急に仕事でトラブル。

毎日朝から晩まで働きづめで
ダイエットする余裕がなくなって
しまい断念、、

とか、

自分や家族の体調が悪くなり、
継続できず、、

とか、

周りの人が
足を引っ張ることもあります。

こんなとき、
どうしたらいいのか?

僕はこう考えます。

まず、

邪魔が入るということは、
困難がやってきたと考えます。

何か達成するのに
困難はつきもの、

その困難に立ち向かい
乗り越えていきたい!

そう思っているか
神様に問われている、、

そう思ってみてください。

あなたの本気度を試されてます。

でも、僕はこうも考えます。

たとえ、そこで継続できなくても、

“良い悪い”

と判断しないということ。

 

あー、続けられなかった、、
また食べてしまった、、
できなかった、、

自分はダメだ、、

と思わず、
ただそうなってしまった
という事実を受け止めて
みましょう。

・・・・・・

「そんなこと言われても
どうしてもダメだと思っちゃいます」

そうですよね。

そう思ってしまったら、

ダメだと思ってるな、と自覚しましょう。

そして、

で、どうしようか?

と自分に聞いてみてください。

答えは自分の中にあるはずです。

昨日は、和身塾マスターマインドの講座に
参加してきました。

身体の使い方の稽古をするのですが、

思うように身体を動かせず、
うまくできることなどありません。

できるできないで言うと

できないんです。

このとき

「できない自分はダメだ」

といちいち思っていても
しょうがないので、
どうやったらいいのかなと
考えるわけです。

自分が理想とする
身体の使い方を目指して
ただ前を向いて進んでいくんです。

稽古はその繰り返しです。

まとめ

もし邪魔が入ったら、
本気度を試されています。

継続できなければ、
その事実を受け止めます。

ダメだと思ってしまったら、
そう思っていることを認識します。

で、、

どうするの?って
自分に問いかけしてみましょう。

答えは自分の中にあります。

参考にしてみてくださいね!

それでは今日はこのへんで

ありがとうございました。

 

青木正儀

■青木正儀メルマガに登録しよう!


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2200名が購読中!青木正儀メルマガ登録はこちら


【Kindle本】美容・ダイエットランキング『1位』

特典動画もゲットできます! 初出版の電子書籍